一般財団法人中国地方郵便局長協会

一般財団法人中国地方郵便局長協会 平成29年度事業計画



 一般財団法人移行後4年を経過し、事業運営は目的・計画に沿った着実な推進を図っているところ。
 本年度は、この好調な運営実績の継承及び28年度に開始した新規事業の健全経営、並びにこれまで実施してきた事業の評価・反省を生かしながら、公益継続事業の堅実な実行と局舎改善事業の促進を重点におき、地域社会の福祉向上並びに健全発展に貢献するとともに、郵便局における業務の円滑な運営並びに広く国民のためになる郵政事業の発展に寄与する事業を積極的に展開・推進することとする。





1 公益活動の継続実施

  •  公益性を継続する法人としての使命を果たし、地域あっての郵政事業であることに鑑みて
  • 次の事業を実施する。
  • (1)社会福祉関係事業者に対して福祉車両や車いすの寄贈を行う。
  • (2)各郵便局を通じて、地域住民との絆を大切にする施策、環境整備に配慮した施策、健康増
  •  進に配慮した施策、青少年育成に貢献する施策、社会福祉に貢献する施策等を企画し開催
  •  する。
  • (3)会員である郵便局長が防災士資格を取得し、その資格を活かして各種災害に対応しうる
  •  支援施策を積極的に行い、地域の防災活動に資する。
  • (4)著名人を招いて講演会を開催し、地域住民の福祉向上並びに郵政事業の発展に資する。



2 局舎改善の促進強化

  •  事業の根幹を成す郵便局の局舎改善整備事業については、会社の需要並びに地域住民の要望に的確・迅速に対応する。
  •  そのため、懇切丁寧な局舎改善セミナーを開催する等して、会員の局舎新築意欲の促進を図り、併せて、地区代表役員を集めて局舎改善推進スケジュールに沿った促進協議を毎月開催する。
  •  また、その他の改善候補局のリストアップ等、会社に対して積極的に改善交渉を展開する。



3 会館・マンションの健全運営推進

  • (1)会館ビルの改修については一定水準に達したので、今後は、老朽等による一般的な改修を
  •  施すほか、ビルの安全性確保、利便性向上につながる改修等を実施して、会館の利用促
  •  進・健全運営を図る。
  • (2)28年度に購入したマンション「ラルウェンディ縮景園前イースト」の利用率向上を図り、
  •  常時フル稼働による資金の早期回収に努める。



4 会員の福利厚生の充実

  •  全特共済への加入及び中特共済の利用を積極的に推進するとともに、会員の健康増進施策を積極的に実施して、会員の福利厚生を充実する。



5 新規事業の拡大実施

  •  安定的・継続的な事業運営を図るため、収益性を考慮した実効の上がる新規事業の企画・開発に積極的に取り組む。
  •  特に、会員代表である中特役員会に設置された「中特協会の収益増強に資する特命委員会」から提言される新規事業(案)等に対しては真摯に受け止め、その開発・実現に向けて最善を尽くすものとする。






>>関連サイト